【シンガポール】Annual Reviewが最悪だった件について【仕事】

こんにちは、コニーです。

今日は今年のAnnual Reviewが最悪だった事について、書いてみたいと思います。

f:id:ConnieSakai:20190720164757p:plain

unsplash-logoPaola Chaaya

Annual Reviewとは?

一年間のパフォーマンスの評価を受けます。通常は x%のお給料Upがついてきます。x%については国ごとの予算が組まれており(シンガポールだったら 6%、オーストラリアだったら5%等) マネジャーはその予算内でやりくりします。

弊社は8月から新しいお給料体制です。Annual Reviewのプロセスは長く、たいてい以下の様なスケジュールです。

3月 Reviewのプロセスがスタート。Ratingを付ける事から始まります

5月 お給料Upの数字をシステムに入力。

7月前半にすべてのプロセスが終了。メンバーとReviewを開始。

8月にはシステム上に見えるので、それまでにReviewを終える必要があります。

時々忙しく、Reviewすらしないマネジャーがいるみたいですが、私に言わせればそういう人はマネジャーをやるべきではないんじゃないかな… 一年の一回事。お給料が上がるのは嬉しいですよね。私は毎年楽しみにしてます。

Ratingとは?

これは会社によって違うと思いますが、今年のRatingはこんな感じ。

  1. Low Performance & Limited Potential 会社の5%の社員
  2. Solid Performance 会社の75%の社員
  3. Exceptional Performance (現在の部署での) 会社の15%の社員
  4. Exceptional Performance (他部署でも通用する)会社の5%の社員

まぁ簡単にいうと、仕事が出来ない、仕事は普通にこなす(可もなく不可もなく)、仕事がめっちゃ出来るという感じです。

今回のReviewについて

私の過去12か月の評価

私の今年の評価は、仕事が出来ない でした。

今まで15年以上の社会人経験で、最低の評価をもらったのはこれが初めてです。5段階評価だったら、3以下をもらった事はありません。 なのでとてもショックだったし、最低の評価をもらうとは夢にも思っていなかったのです。

上司は、去年チームメンバーで昇進された、アイルランドの男性です。私は含め他のメンバーが彼にレポーティングになり 同僚のころから、とても仕事がしやすく好きだったし、上司になってくれてむしろラッキー!ぐらいに思っていました。

どうして夢にも思ってなかったのか?

  • 毎週 1対1のMeetingで、常に『君もチームも素晴らしい仕事をしている!』と褒められていたから

  • 毎回話す時はとてもフレンドリーだし、割とお互い個人的な事や、人生について、楽しく話す事が多かったから

  • 彼にとって、マネジャーの一番大事な仕事は部下の仕事をやりやすくしてあげる事!という部分にとても共感できていたから

  • 私の昇進について、話し合っていたから

最低の評価の理由

  • 思った事を割りとダイレクトに言う事。 彼曰く企業の中で生きていくには、多少なりとも言い方に注意する必要があるとの事 言い方は大事です。言い方次第で全てが変わることがあります。

  • 彼にはどうしようもない、予算の事について チームの前で言及した。

これは、、、プライドを傷つけられたという事でしょうか?これも聞き方が悪かったのかもしれません。

  • 私と営業部長との関係があまり上手くいっていない

彼とはシドニーにいる時から知っているのですが、去年、私は私のチームに対する扱いについて、パワハラに近かったので かなり厳しい事を本人に言いました。それ以来距離が離れたり、近づいたり、微妙なところですが、関係を改善しようと お互いに頑張っているところです。このパワハラ事件はまた後日書きたいと思います。

  • 気が付いていなかったけど、実際は嫌われていた。 人間が評価するので、やはり感情は入ってくると思います。彼の事は人としてはとても好きだったので、これを思うと、とても悲しいしつらい。

今の気持ち

私の中では、おそらく上司という位置付けではなく、もっと信頼できる友達に近かったので 色々会社で起こって事を、ありのまま素直に話してしまったのが、間違いだったんだなぁと思いました。

なにか私が不快にさせる発言をしたならば、その場で指摘して欲しかったです。なにもなかったふりをして いきなりReviewで、最低の評価をするってどうなんだろう?

女性は仕事が内容よりも、性格で評価される傾向があると言われていますが、結構当てはまる気がします。

また改善点が多い部署なので、これをもっとこうしたらいいじゃないかな?みたいな提案が 正直めんどくさいと思われていたのかも。

とか、もう色々考えると、実は嫌われていたのに、好かれていると勘違いしてるめでたい自分がいます。 私の中では、本当にもう相当仕事が出来ない、もう辞めてもらってもいい ぐらいじゃないと最低の評価なんてつけません… そういうRatingをする事で、相手に与えるダメージの方が大きい気がします。もうちょっと頑張ってほしいなと思ったら 「普通」にRateして、Reviewの中で何点か改善点を上げたほうが効果的なのかなと。

今後について

最低の評価をされてしまったのは、もうどうしようもないので なんとか気持ちを切り替えて、やっていくしかありません。

幸い上司は同じオフィスにいないので、仕事自体は問題なくできます。

ただ、このような評価をもらった以上、この会社での将来があるのかな? 転職するしかなんだろうか?とグルグル考えてします。

自分にとって上司と合うか合わないかは、かなり大きな部分を占めるので 今はとても辛いですね…

先週まで自分は最高の上司がいる!と勘違いしていたのがかなり痛いです。

今までリクルーターからのメッセージは、今は探してないからと言っていましたが、 ちょっと何件か返答してみたいと思います。

また放置しておいたレジュメもかなり力を入れて、アップデートする予定です。

転職活動というか、その辺についてもまた記事を書いて行きたいと思います!

プライバシーポリシー