【海外生活】東京からシドニーへ移住した時の話【オーストラリア】

こんにちは、コニーです。 今日は東京からシドニーへ 移住した時に経験した喪失感について書いて見たいと思います。

f:id:ConnieSakai:20190625114611p:plain

辛かった事

私がシドニーで働く事が出来たのは、当時の上司がアイルランドの人でシドニーに居たのです。 彼は私がオーストラリアに戻りたいと思っているのを知っていたので、その機会をわざわざ作ってくれました。 日本で働き初めて約1年半の後に、私はシドニーへ転勤になりました。

海外へ移住と聞くと、なんとなくキラキラしたイメージがあるかもしれませんが、実際には慣れるまでに皆さん大変な思いをしてると思います。 私は今考えるとちょっとした鬱状態だったのかな?と思います。というのも、シドニーに移住してしばらくは 何をする気が起きない。何をしても楽しくない。という状態でした。それはなんでだったのか?

今までのペースが崩れる

東京では夜の7時か8時ぐらいまで仕事をして、その後に会社の人と食事に行ったり、友達に会ったり 家に帰ってすぐ寝る生活をしていました。

シドニーでは遅くても6時半には仕事が終わって、7時半には家です。そしてふと「なにもやる事がない」事に気が付きました。 今まで仕事ばかりで特に趣味を持たずに過ごしてきたので、急に時間が出来て何をしたらいいのかわからなかったのです。 シドニーはお店は6時には閉まってしまうし、家に帰ってDVDばかり見てました。 キラキラした都会の東京に比べると、シドニーはなんだか色褪せて、なんていう田舎に来てしまったんだろう思った事を覚えています。 後ほど、この思いは覆されるのですが。笑

友達がいない

新しい場所なので、人間関係も一から構築しないといけません。 玉には日本語で話したいけど、日本人の友達は居ない。会社は外資なので日本人と知り合う機会もありません。 今でいうMeetUpの様なものも会ったのですが、なかなか一人で行く勇気が無く。 日本では仲が良い友達同士が集まったり

してる様子を見ると、勝手に置いて行かれた気持ちになったりして、 孤独を深めていきました。

全部一人で、一からのスタート

知らない都市に来たので、お気に入りのレストラン、スーパー かかりつけの医者 等などを全て一から探さないといけないもの、堪えましたね。

シドニーへ来た時は独身だったので、家探しも、家具を探すのも、引っ越しも全部一人です。 誰か一緒にあれこれ相談出来るパートナーが居たら良かったのですが、そんなパートナー居らず。

その頃は恋愛も長い事上手く行ってなくて、自分に自信を失っていた時なので 色々と重なったのかもしれません。

段々と自分のペースを取り戻す

そんなこんなつらい時期を何ヶ月か過ごしたのですが、オージーのシェアメイトが色々な所に、 連れて行ってくれて、段々生活にも慣れて来たのと 車を買い、行動範囲を広めてから、楽しいなと思う事が増えてきました。

一人で自転車乗りに、センタニアルパークに行ったり。一人で行けた事がなんだか自信になって 次に次に進めた気がします。

www.centennialparklands.com.au

今ではシドニーは大好きな街です。何回見てもオペラハウスもハーバーブリッジも綺麗だなぁと思うし 家から車で15分でビーチに行けるのも好きです。新鮮な野菜もお魚もあるし、なによりもあの素晴らしい気候。 青い空と澄んだ空気。犬をリードから離して散歩が出来るシドニーパーク。

今度はシドニーについてちょっと書いてみようかな。

それでは、また!

プライバシーポリシー